営業の質によって企業の業績が変わる!

営業が成功するかどうかによって、企業の売り上げを大きく左右します。その為、業績を伸ばしたいのであれば、営業について見直しましょう。

詳細を読む

営業業務の種類

男女

ルート営業

既存の取引先に行なう営業です。自社製品のアフターサポートを行なったり、新製品の紹介をしたりします。また、取引先が抱えている問題を伺い、自社製品を導入した解決方法を提案していきます。営業マンと取引先の信頼関係が重要な営業です。

新規開拓営業

名前の通り、新規の取引先と契約を結ぶ為の営業です。面識がない企業に自社製品をアプローチしないといけない為、入念な資料の準備が必要になります。また、営業マンのコミュニケーションスキルが必須です。

内勤営業

会社に訪れたお客様に対して営業することを指します。内勤営業の場合は、自社製品に興味を持った人に対しての営業になるので商談成功率が高くなります。しかし、内勤営業の場合、市場動向が読みにくい傾向にあります。

営業支援システムの無料トライアルを活用!【導入のメリットとは】

男性

営業支援システムを活用しよう!

近年は、営業支援システムやマーケティングオートメーションを活用して営業効率を上げている企業が増えています。スマホやノートパソコンに営業支援システムを導入すれば、訪問数が多い営業マンのスケジュール管理やエリアごとの業績確認、現在営業マンが抱えている案件を共有することが可能です。それにより、人材配置の見直しなど業績を上げる為の対策を考えることができます。営業支援システムやマーケティングオートメーションの導入を前向きに検討している場合には、各システム会社の導入事例などを確認してみましょう。また、システム会社によっては、営業支援システムだけでなく、総務業務支援システムを提供している会社もあります。転勤引越しの手配や社宅管理、制服の手配など総務が行なっている業務は多岐に渡ります。総務業務支援システムを導入すれば、これらの業務以外のコア業務に専念させることが可能です。もしくは、人件費を削減することができます。システム会社によって、導入費用やサポート内容などが異なるので、複数のシステム会社を比較してから導入しましょう。また、無料トライアルを利用することが出来る場合もあるので、利用してみると良いでしょう。実際に利用することでシステムの操作のしやすさなどを確認出来ます。しかし、無料トライアルを何社も利用するとなると操作方法について覚えなくてはいけないので営業マンや総務スタッフに負担をかけてしまいます。その為、2社程度にしぼった上で無料トライアルを利用してみると良いでしょう。

広告募集中